第四世代のED治療薬の効能と特徴

「第四世代のED治療薬」などと呼ばれる薬が近年注目を集めるようになってきていますが、従来のED治療薬とどういった違いがあるのか、そしてなぜこれだけ注目を集めるようになってきているのか、このあたりはいろいろ知りたいことが多いという気がします。
第四世代のED治療薬と呼ばれる薬はいろいろありますが、たとえば「アバナ(アバナフィル)」などは最近ではかなり有名な薬という感じにさえなってきました。で、第四世代治療薬の効能は、ED治療薬の効能そのままに、勃起障害を改善することができるということで、これに関してはバイアグラに代表される、従来型のED治療薬ならびにそのジェネリック治療薬と同じレベルの効能を見込むことができます。
では、第四世代治療薬は、何がちがっているのかというと、基本的にはすでに市民権を得ているED治療薬のジェネリック薬であることが多いです。で、その特徴はというと、服用から効能を発揮するまでの時間が非常に短いというのがその代表的な特徴です。
ですから、急に女性と性交することになったという場合や、計画的にそういう予定を立てたいときなどには非常に役立つ薬であるといえます。相手の女性がより大切な存在である場合には、やはりこの手の即効性がある薬というのは非常に大きな意味を持ちますので、EDに悩む多くの男性が第四世代のED治療薬に注目する理由もよくわかります。
それともうひとつ、ED治療薬の多くは、いわゆる「食べ合わせ」の問題が多い薬として知られています。アルコールとの相性が悪く、食事のあとしばらく時間を置かなければ服用しても効果が現れないことが多いというのが問題でした。
しかし第四世代の治療薬であれば、食後ちょっと時間を置くだけで効果が発揮されるという点で、やはり計画が立てやすいというメリットが生まれるのです。