ED治療薬に含まれるのは血行促進成分

ED治療薬にはバイアグラ、レビトラ、シアリスの3種があり、含まれる内容成分はそれぞれ異なります。
バイアグラはシルデナフィル、レビトラはバルデナフィル、シアリスはタダラフィルを有効成分とします。
これらの成分は種類こそ違いますが、血行促進を目的としていることは同じです。
海綿体への血流を促進し、勃起力を高めるものです。

精力剤なども血流に働きかけるものが主流ですが、効果・効能は明記できません。
即効性を期待するものではなく、時間をかけて体質改善をしてEDを遠ざけていくのが目的なのです。
これに対してED治療薬は即効性を追求しており、特に即効性のあるレビトラは服用して20分程度で効果を感じられます。
バイアグラは30分程度、シアリスは3時間程度かかり、内容成分により効果の発現時間に差があります。

持続時間はシアリスが最も長く、20mgで30~36時間となります。
ウイークエンドピルと呼ばれる理由は、週末に1錠飲むだけで日曜日まで性行為を楽しめるからです。
10mgの持続時間は20~24時間と短くなりますが、他のED治療薬と比較すると2倍以上の持続時間があります。
レビトラ20mgの場合だと10時間、レビトラ10mgとバイアグラは5時間程度となります。

勃起力の強さに関しては、バイアグラ、レビトラ、シアリスという順番になります。
即効性、持続時間、勃起力などを比較し、自分に合ったED治療薬を探していきましょう。
それぞれの薬は内容成分が異なるため、初回の処方においては必ず医師の診断を受ける必要があります。
シアリスは問題なく不要できる方でも、レビトラは不可となるケースもあるのです。
個人輸入代行サイトでED治療薬を購入する前にも、医師の診断を受けておきましょう。